みんなが知りたい 鉄道博物館(テッパク) 大宮 の混雑具合・閑散状況を攻略。

スポンサード リンク

大混雑日にあたると、何をするにも待ち時間が長く食事も大変です。混雑日を避けるのが鉄道博物館を攻略するカギです。基本は、夏休み、春休み、冬休み、GW(ゴールデンウィーク)をさければ混雑も少なく満足できるはずです。

「鉄道博物館」を楽しむなら、以下のポイントを押さえて楽しんで下さい。ヒストリゾーンは、レトロな電車や現在の、機関車や電車を順に眺められます。歴史も学べながら電車も知れる大人も子供にも大人気のゾーンです。

さらに実体験コーナーなどもあり、電車の中で座れたりできるので、子供から大人まで楽しめます。お得な割引券や、東京駅から大宮駅まで新幹線で行ける切符などもあるので、到着前から楽しめます。

鉄道博物館(テッパク) 大宮 混雑予想 月別カレンダー2018

おでかけ予定日は、鉄道博物館(テッパク) 大宮の混雑状況はどうなのか?

  • 2018年
  • 1月 年始・お正月の込み具合は?今月のおすすめは日本初の鉄道開業時(1872年)に、イギリス(バルカンファウンドリー社)から輸入された蒸気機関車「国鉄150形蒸気機関車(通称:1号機関車)」。これは国指定重要文化財になっていて「明治30年頃の姿を再現した」形で展示されています。1Fヒストリーゾーン。
  • 2月 一年で一番寒い季節は混雑するのか?今月のおすすめは、国鉄ED40形電気機関車(10号機)。これは(国鉄)の前身である鉄道院が初導入(1919年)した国産電気機関車。東武鉄道から寄贈された10号機を復元したものが展示されていて、車体下の通路からピニオンギアとラックレールの構造を観察できます。1Fヒストリーゾーン。
  • 3月 卒業旅行シーズンと春休みは?今月のおすすめは、1932~1942年にかけ鉄道省(国鉄の前身)が製造した国鉄40系電車。鉄道省初の20m級鋼製電動車です。通勤者の足として大阪で電車の運行が開始。車体側面には3か所の引戸があり、ロングシートとなっています。1Fヒストリーゾーン。
  • 4月 春休みとGWで大混雑?4月のおすすめは、1957年(昭和32年)に登場した国鉄101系直流通勤形電車。クモハ101-902が展示されている。モーターを台車に乗せることで、ばね下重量が軽くなり、乗り心地が改善された。走行モーターでブレーキをかける(発電機として使う)方式で、機械式ブレーキで問題となる摩耗がなく、長期使用に適したブレーキです。首都圏では、山手線、京浜東北線、中央線、青梅線、五日市線、武蔵野線で使用されていました。
  • 5月 気候は最高!GWもあってどうでしょうか?5月のおすすめは、国鉄485系電車。国鉄が設計・製造した直交流電源方式に対応した特急電車です。現在では、新幹線などの運用により減少し、老朽化や後継系列への置換えによりほとんどが廃車となってしまっています。
  • 6月 基本的にお薦めの時期!今年はどうなのか?6月のおすすめは、新幹線0系電車。ニックネームは「団子鼻」。国鉄が東海道新幹線開業時(1964年)生み出した初の新幹線です。丸みを帯びた顔と、流線的な車体と、青色×白色カラーで、戦後日本の高度成長期を象徴する存在として、人々から愛されました。世界初の営業運転200km/hを超えを達成しました(1986年以降改良により220km/h)。東海道新幹線と山陽新幹線用として計3216台が製造され2008年11月30日営業運転終了(2008年12月14日さよなら運転)までの計44年走行しました。東海道新幹線開業から使用されていた時刻表や駅名標なども復刻品が展示してあります。
  • 7月 梅雨真っ只中。混雑はどうなのでしょうか??7月のおすすめは、EF66形電気機関車。国鉄が1968~1974年まで、JR貨物が1989~1991年まで製作した直流電気機関車です。てっぱく(大宮)には「EF66 11」が展示されています。 高速道路整備によりシェア拡大するトラック輸送に対抗し、生鮮品をターゲットに短時間での輸送ニーズに対応するために東海道線・山陽線の高速貨物列車専用機として作られました。 1969年には鉄道友の会ブルーリボン賞(前年に営業運転開始した車両から会員投票により年一形式のみ選定)を受賞しています。(2016年現在、国鉄・私鉄の機関車での受賞は本形式のみ)1985年からは、寝台特急ブルートレインの「はやぶさ」や「富士」の旅客列車の牽引にも使われました。
  • 8月 夏休みの中高生に大人気で大混雑。厳しい?8月のおすすめは、D51形シミュレータ。日本初の蒸気機関車シミュレータです。実際の映像を使用していて揺れが発生したりして本格的です。シミュレーションの体験に関しては、ホール内レジでの整理券配布(一日最大27名)、料金500円(体験開始5分前までにレジでの会計を済ませないとキャンセルとなる)、中学生以上。体験できる種類は難易度が4段階あって、難易度1:花巻駅-新花巻駅、難易度2:岩手二日町駅-遠野駅、難易度3:鱒沢駅-岩手二日町駅、難易度4:新花巻駅-土沢駅です。
  • 9月 残暑でまだまだ暑い。まだまだ対策が必要な時期。9月のおすすめは、プロムナード。メインエントランスにある無料の展示スペース。明治時代の鉄道輪軸の実物や、動輪の比較、D51のカットモデル。
  • 10月 気候も穏やかで一番のお薦めの季節!行くなら今がベスト10月のおすすめは、2階の運転士体験教室。講習を受けながら運転士体験(料金500円)ができます。開館と同時に受付が開始され、定員25名になり次第、受付終了です。コースは3種類あり、初級は基本走行(発車・停車)の体験、中級は信号と速度制限の体験、上級は定時運転の体験できます。上級には修了試験があり、合格する(満点を取る)と「優良修了証」と「オリジナルグッズ」がもらえます。注意点として、フラッシュ又は三脚を使った撮影は禁止です。小学1年生以上であれば体験できますが、4年生までは要保護者の同伴が必要となります。
  • 11月 そろそろ寒くなってくる。意外と穴場の時期か?11月のおすすめは、御料車。「御料」とは高貴な人の所有物・利用物の意味で、歴代の皇族が乗る車両です。最高の技術と工芸を集めて作られていて、明治・大正の一般用客車はほぼ残存していないので、当時の製造技術を見れるものとして貴重な資料でもあります。1号(明治9年製)明治天皇用。2号(明治24年製)明治天皇用。7号(大正3年製)大正天皇・貞明皇后用。9号(大正3年製)大正時代に使用。10号(大正11年製)大正から昭和時代に使用。12号(大正13年製)昭和天皇が皇太子時代に使用。の6車両が展示されています。
  • 12月 クリスマス気分も味わえるこの季節。混雑は?12月はお土産のおすすめを紹介。「JR時刻表風-ダイヤグラムケーキ」時刻表風のパッケージの中には、ダイヤグラムデザインのケーキが入っています。味もほろ苦くておいしいです。「発券機型箱入りパイ」発券機型の箱から切符デザインの袋に入ったパイが出てきます。箱どおしを組み合わせ出来るので、並べて飾ることもできるようです。「電車で帽!」中身はぬれせんべいですが、パッケージの箱に付属パーツをつけれる駅長さんの防止に早変わりします。子供が喜ぶお土産です。「山手線メモ帳」駅名表示プレート風のメモ帳です。一枚ずつ駅が違いますのでもらった方が使っている駅であればうけること間違いなし。ちなみに山手線の駅数は2016年末現在29駅あり、順に並べる(内回り)と、東京-有楽町-新橋-浜松町-田町-品川-大崎-五反田-目黒-恵比寿-渋谷-原宿-代々木-新宿-新大久保-高田馬場-目白-池袋-大塚-巣鴨-駒込-田端-西日暮里-日暮里-鶯谷-上野-御徒町-秋葉原-神田です。(2020年後頃に品川-田町に新駅を検討中です。

ちなみに日本にはここ以外にも鉄道博物館があります。「リニア・鉄道館~夢と想い出のミュージアム~」や「地下鉄博物館」や「梅小路蒸気機関車館(2016年春より「京都鉄道博物館」)」などです。

「リニア・鉄道館~夢と想い出のミュージアム~」は愛知県名古屋市港区金城ふ頭にあります。高速鉄道技術の進歩、鉄道が社会にどのような影響を与えたかの学習ができたり、模型などを活用して楽しくバリアフリーで遊べる設備です。40両近くの車両が展示されていたり、さらに抽選ですが、新幹線シミュレーターN700、運転シミュレータ211系と313系在来線、車掌シミュレータも体験できます。

「地下鉄博物館」は、東京メトロ東西線「葛西駅」の高架下にある、地下鉄専門博物館。「ちかはく」と呼ばれています。開館時間10時~17時までと早めに終わってしまうのですが、入館料が大人210円、小児(4歳から中学生まで)100円と激安です。入口は実際に使われていた自動改札機が使われ、自動券売機でチケットを購入し、改札機を通過して入館する仕組みになっています。銀座線開通時の上野駅ホームを再現してあったり、実際に使用された車両展示、地下鉄運転シミュレーター、模型展示、地下鉄クイズ、映画上映などで楽しめます。

「梅小路蒸気機関車館」は京都市下京区にあり、日本国内唯一のSL専門の博物館でしたが、2016年春からは新幹線などの展示を加えた「京都鉄道博物館」にリニューアルされるようです。 20両のSLや転車台、旧二条駅駅舎は残り、0系新幹線など車両33両が新たに展示されるようです。

スポンサード リンク